50代の化粧水 より効果的に使うには?

化粧水の効果的な使い方を守ってる?

50代の基礎化粧品は毎日のスキンケアに欠かせない大切なアイテムです。化粧品の効果の違いはありますが、使用方法によってもお肌に与える効果は変わります。ずっと正しいと思って続けていた化粧水の使い方、今更ですが一度見直してみませんか。

 

化粧水の効果的な使い方を守ってる?

 

化粧水の効果的な使い方は

  • 洗顔後の清潔な肌につける
  • 乾燥する時は二度付け
  • 乾燥しやすい部位からつけはじめる

以上3つの点について見ていきましょう。

 

化粧水の成分を浸透させるためには毛穴の汚れをしっかりとる

肌は目に見えない細菌や汚れが一杯です。毛穴のなかには古い角質や皮脂がつまり蓄積されると角栓になってしまいます。肌が汚れていると、どれほど美容成分が豊富な化粧水も汚れが邪魔をして角質層の奥まで到達しません。

 

そこで必ずスキンケアを始める前は、クレンジングや洗顔で汚れをしっかり取っておきましょう。特に朝の洗顔ですがぬるま湯だけで済ませてしまう人がいますよね。

 

皮脂は乾燥から守るために大切なものですが、化粧水を使うためには余分な皮脂は取り除いた方が良いのです。寝ている間は皮脂の分泌が活発になりますので、ぬるま湯や水だけでは十分に落とせていませんよ。

 

乾燥しやすい肌は化粧水の二度付けが効果的

乾燥しやすい肌は化粧水を1回でなく2回つけると潤いが持続しやすくなりますよ。もちろんクリームや乳液で仕上げをしないといけませんが、土台となる水分がしっかり補給されている方がメイクの馴染みもよくなります。化粧水はまず最初に肌につけて、手に肌が吸い付くようになるまで馴染ませておきましょう。そして2回目も同じ工程を行い最後にしっかり油分を補給をしてください。

 

50代の年齢肌は浸透性の高いビタミンC誘導体などが配合されている化粧水がオススメです。すっと馴染むタイプは広げやすく二度付けもやりやすいですよ。

 

乾燥しやすい目尻や口の周りを先につける

化粧水のつけ方次第で肌は綺麗になるといわれています。アンチエイジングにもメリットになりますのでポイントを押さえたスキンケアをはじめましょう。

 

化粧水は基本的に乾燥しやすい部位からつけてください。目尻や口元は皮膚が薄く保水力が弱い特徴があります。乾燥しやすい部位は凹凸があるため、つい付け忘れして乾燥が悪化しやすいのです。

 

まずは要点を抑えて化粧水を付け、最後に頬やあごなどの広い部位にしっかり馴染ませてくださいね。そして目で見える部分だけでなく、耳の付け根や年齢がでやすい首なども、水分補給を忘れないでくださいね。

関連ページ

毎回違うメーカーに変えるのはダメ?
50代の基礎化粧品は色々なメーカーから使ってみたい商品が沢山ありますが、もちろん値段も効果も違います。せっかく使ったけどあまり効果がないからこの1本が終わったら別のにしよう、そんなスキンケア習慣を続ける50代のかた。これでは肌に負担がかかってしまいますよ。
50代の基礎化粧品選びはトライアル化粧品を使ってから
50代の基礎化粧品選びで忘れてはいけないのがトライアル化粧品の存在です。どれを使っても効果は一緒、なんていきなり飛びついて購入するのはとても危険です。トライアルから使うのは多少手間に感じる方もいるかもしれませんが、色々な特典もありますのでお得に始める良いチャンスにもなりますよ。
50代は水分と水分保持を一緒にすること
毎日のお肌のお手入れはとても面倒ですが、50代になると肌の老化が目立ちスキンケアにも意欲をなくしてしまいます。化粧水だけは毎日つけてるというシンプルケアの方がいますが、年齢肌は化粧水だけでは逆に老化が進行してしまいますよ。
スキンケアはパッティングのやりすぎに注意!
化粧水をつける時に習慣でついやってしまうパッティング。美容成分をしっかり肌の奥まで閉じ込めようと皆さん必死ですよね。しかしここで注意しないといけないのがパッティングのやりすぎです。では50代の肌にはどんなデメリットがあるのか早速見ていきましょう。
老化対策の化粧品選び!失敗する人にはこんな共通点があった
老化対策の化粧品選びは、つい宣伝文句に惑わされて失敗したという人もいるでしょう。口コミで絶賛されていたのにさほど効果がないなんてものもたくさん存在します。そこで注意したいのが老化対策の化粧品で失敗する人の共通点。今度こそは間違いなく購入したい、と考えている人は必見ですよ。
スキンケアのやりすぎはNG!肌の老化を早めるNG習慣とは
スキンケアのやりすぎは肌に負担を与えますので、年齢肌にはできればやりたくないことです。無意識に続けるスキンケア習慣、こんなNG行動は肌年齢をさらに悪化させていますよ。