50代の基礎化粧品は肌の摩擦をできるだけ減らして使うのがコツ

肌の摩擦をできるだけ減らして使ってみよう

50代からは基礎化粧品を見直すこともスキンケアに大切な点ですが、使い方も少しだけ意識するとさらにアンチエイジング効果がアップします。若い時の肌のように丈夫で回復が早いことはもうなってしまい、優しくケアを続けることが必要なのです。では50代からの基礎化粧品の使い方で、負担を与えない為の3つのコツを見ていきましょう。

 

肌の摩擦をできるだけ減らして使ってみよう

 

50代の基礎化粧品を使うコツは

  • 摩擦を減らす
  • オールインワン化粧品をプラスする
  • 刺激が少ない基礎化粧品を選ぶ

以上3つの点を見ていきたいと思います。

 

50代は無理なパッティングやごしごし洗顔はストップしよう

50代の肌はバリア機能がとても弱くなっていますので、外部からの刺激を受けやすくさらに角質層内の水分も逃げやすい状態です。

 

せっかくアンチエイジングに良い基礎化粧品を買ったのに、なぜか効き目がないなんてことがよくありますよね。自分にあっていない化粧品を使うことが一番の問題点ですが、なかには使い方を改善すれば効き目がアップすることもあります。

 

50代のスキンケアで意識したいのが肌に与える「摩擦」。化粧水のパッティングをすると水分が角質層の奥まで入りしっとり効果がありますよね。でも無理な力を加えてパッティングすると、皮膚の毛細血管にダメージがかかる場合がありますので、化粧水をつける時は両手で優しく顔を抑え込むようにするとよいでしょう。

 

叩く刺激がメリットになるのは、肌の弾力がある若い肌だけ。50代からはパッティングの力加減にも注意しましょうね。また洗顔時も同様にごしごし洗いは角質層を傷つける原因になりますので、たっぷり泡で優しく抑えるように洗いましょう。

 

アンチエイジング用のオールインワン化粧品をプラスする

50代の基礎化粧品は、化粧水と乳液だけだとなにか不足しているような不安があります。クリームや美容液などを使って気になる肌のトラブル改善することはとても大切ですが、種類を多く使うほど肌の摩擦回数も増えてしまいます。

 

年齢肌は色々つけた方が肌に良さそう、だと思いますよね。でも摩擦の負担も50代以降は考えておきたいポイントのひとつ。そこでオススメなのがオールインワン化粧品。50代以降のアンチエイジングとして保湿や美白、ハリ回復など色々な効果があります。

 

ひとつで簡単にスキンケアができるようになるのは、忙しい主婦の方たちにも大変評価されています。何よりもシンプルなスキンケアに変えることで、肌にかかる負担が減らせる点が魅力的です。普段のお肌のお手入れをもっと簡単にデリケートにする為に、オールインワンコスメをプラスするのもよいでしょう。

 

50代からの基礎化粧品は肌に優しい低刺激の方が安心

50代の肌は女性ホルモンの減少や、肌の細胞の劣化などにより新陳代謝の働きが鈍くなっています。またバリア機能が低下するため、紫外線のダメージも受けやすいので少しでも肌を強化しないといけません。

 

50代になってから肌が敏感になったという女性は大変多いのですが、これは更年期障害などもあり肌の働きが不安定になっている証拠です。50代からの基礎化粧品は、まず肌に安全であるもの、添加物を使用していないタイプなどを選ぶと安心ですよ。

 

初めて使う時は必ずお試しでチェックしてみましょう。季節によっても基礎化粧品の効果が感じられないこともありますので、うまく使い分けするのも方法です。

 

香料や保存料、アルコール成分などは少しの量でも毎日継続して使用していると肌の負担になります。かゆみ、ひりひり、乾燥など50代の肌トラブルが起こると回復するまでに時間がかかりますので、できるだけ刺激を抑えることが欠かせません。

関連ページ

寝る前の使い方が美肌効果アップの秘訣
年齢肌のケアを習慣的に続けるパターンを見直してみましょう。50代をすぎると、40代で気になっていたトラブルがもっとはっきりと目で分かるようになります。いつまでも健やかな肌を維持するためには、夜のスキンケアの基本をしっかり守りましょう。そこで早速ですが、寝る前にやっておきたいお肌のお手入れが大切な理由を見ていきましょう。
スキンケアに効果をもたらすマッサージの役割について
50代の基礎化粧品は保湿だけでなく、美白や肌のたるみ改善など皆さんそれぞれ違った悩みがあると思います。この年代に共通するのは化粧品の効果がでにくい肌環境があること。そこで肌の働きを活性化するためにも50代以降はマッサージを定期的に行いましょう。マッサージの効果と年齢肌に与えるメリットについて詳しくご説明したいと思います。
50代のスキンケアのコツ!いつもの基礎化粧品で目元ケア
老け顔に見える原因に目元のたるみやくすみがあります。なんとなく影が残る目元は、メイクの汚れが残っているような錯覚すらしてしまいますよね。こんな50代の目元にはいつのも基礎化粧品が大活躍しますよ。