50代の基礎化粧品はマッサージで効果をアップ!その理由を解説

スキンケアに効果をもたらすマッサージの役割について

スキンケアに効果をもたらすマッサージの役割について

50代の基礎化粧品は保湿だけでなく、美白や肌のたるみ改善など皆さんそれぞれ違った悩みがあると思います。この年代に共通するのは化粧品の効果がでにくい肌環境があること。

 

そこで肌の働きを活性化するためにも50代以降はマッサージを定期的に行いましょう。マッサージの効果と年齢肌に与えるメリットについて詳しくご説明したいと思います。

 

50代からのマッサージは

  • 血行改善で肌のトーンが明るくなる
  • 古い角質や毛穴の汚れが取れやすくなる
  • 保水力を高める

以上3つの点について見ていきましょう。

 

血行が悪い年齢肌はマッサージで刺激をプラスしよう

50代になると肌のくすみが一段と目立つようになりますよね。美白化粧品で一生懸命お手入れしても、なんとなく透明感が出ないなんてことがあります。これはメラニン色素によるくすみだけでなく、「顔色が悪い」ことも原因のひとつです。

 

血色が悪い顔ってなんとなく青ざめていたりくすみが目立ちますよね。50代のお肌のトラブルとして肌のくすみはとても多く、ファンデーションの色をワントーン変えて明るくする人も多いと思います。でもメイクで肌年齢をごまかすのは多少無理もありますので、素肌でも綺麗に過ごせるように血行改善をすることが大切ですね。

 

そこで効果があるのがマッサージ。小さな円を描きながらこめかみ、額、頬、鼻、アゴなどに均等にクリームを延ばして優しくマッサージしましょう。リフトを意識してマッサージするとリンパの流れも改善され、さらに肌の明るさもアップします。

 

マッサージは古い角質をとり毛穴の汚れ対策にもメリット

マッサージは毛穴の奥に残るメイクの汚れや皮脂など油系の汚れを浮かす為にも効果があります。クレンジングを洗顔をした後にマッサージをしてティッシュオフすると、まだ汚れが残っていることがよくありますよ。

 

マッサージは表情菌に刺激を与え、肌を引き締める効果があります。加齢ともに肌がたるんでくるとどうしても毛穴が開いてしまい汚れがたまりやすくなりますよね。この汚れを取るためには洗顔だけでは十分でありませんので、マッサージで肌を柔軟にしながら汚れを浮かせていくとよいでしょう。

 

オイル系、ジェル系など色々なマッサージクリームがありますので、自分の肌に合わせて使いやすいものを選んでください。オールインワンコスメでマッサージもできる便利グッズもありますのでぜひ参考にしてみましょう。

 

マッサージは乾燥肌対策によい保水力をアップ

マッサージをした後は軽くクリームを拭き取り、水かぬるま湯で洗い流します。洗顔料を使って洗顔するとマッサージクリームの成分に配合されている保湿成分がなくってしまうので、それぞれの商品の使い方を参考にするとよいでしょう。

 

マッサージは肌のハリを回復させるためにとても効果がありますが、さらに油成分が配合されているタイプも多いので、水分をしっかり閉じ込める役割もあります。マッサージクリームは洗い流すタイプや、そのままクリームとして使えるタイプもありますので、乾燥肌の場合は保湿成分が配合されたマッサージクリームを使うとよいでしょう。

 

冬の乾燥する時期は週に2回ほどはマッサージをプラスして、アンチエイジング対策をすると効果的なので、基礎化粧品をうまく活用して肌力をアップしてください。

関連ページ

肌の摩擦をできるだけ減らして使ってみよう
50代からは基礎化粧品を見直すこともスキンケアに大切な点ですが、使い方も少しだけ意識するとさらにアンチエイジング効果がアップします。若い時の肌のように丈夫で回復が早いことはもうなってしまい、優しくケアを続けることが必要なのです。では50代からの基礎化粧品の使い方で、負担を与えない為の3つのコツを見ていきましょう。
寝る前の使い方が美肌効果アップの秘訣
年齢肌のケアを習慣的に続けるパターンを見直してみましょう。50代をすぎると、40代で気になっていたトラブルがもっとはっきりと目で分かるようになります。いつまでも健やかな肌を維持するためには、夜のスキンケアの基本をしっかり守りましょう。そこで早速ですが、寝る前にやっておきたいお肌のお手入れが大切な理由を見ていきましょう。
50代のスキンケアのコツ!いつもの基礎化粧品で目元ケア
老け顔に見える原因に目元のたるみやくすみがあります。なんとなく影が残る目元は、メイクの汚れが残っているような錯覚すらしてしまいますよね。こんな50代の目元にはいつのも基礎化粧品が大活躍しますよ。