50代の基礎化粧品選びで意識すべきスキンケアのターゲットを解説!

50代が必ず意識するスキンケアのターゲットとは?

40代後半から50代に突入する時期は更年期にもさしかかり、肌の働きが突然変わってしまうなんて経験をする方が多いようです。化粧品を変えるべきか、それともこのまま様子をみるか。不安を抱えたままのスキンケアではなかなか肌トラブルを改善できません。

 

50代からは基礎化粧品がなによりもアンチエイジングに必要不可欠で、満足できない場合は違うメーカーに変えることも改善策のひとつですよ。ではどのような点を意識するとよいのか、ターゲットとなるポイントを見ていきましょう。

 

50代が必ず意識するスキンケアのターゲットとは?

 

50代から意識するトラブルのターゲットは

  • 乾燥
  • 老化症状に合わせる
  • 刺激を抑える

以上3つの点を見ていきましょう。

 

50代の基礎化粧品を選ぶ時に必ず注意したい保湿効果

肌には本来の保湿機能がありますので、乾燥気味になると自然と皮脂が多く分泌され肌を守る仕組みになっています。保湿について知る前にまずは皮脂とはなにか理解しておきましょう。

 

そもそも皮脂はホルモンの働きに影響を受けて分泌量が変化し、女性よりも男性の方が皮脂が多いと言われています。男性ホルモンは皮脂腺を肥大化させる作用がるため分泌量が多くなっています。

 

女性は男性よりも皮脂分泌量が少なく年齢を重ねると、女性ホルモンの分泌が減ると同時に皮脂の分泌量も減ってしまいます。この状態になるのは年齢30代~40代で、50代はかなり皮脂が少ないので乾燥しやすい肌環境になっているのです。

 

そこで大事なのが基礎化粧品による保湿。女性ホルモンのエストロゲンが減る50代はコラーゲンも減り肌の弾力やハリが不足するだけでなく、皮脂量が不安定になっています。女性らしい肌を維持するためにはコラーゲンを始め、エラスチン、ヒアルロン酸などの保湿成分を選び、さらに浸透性が良いかチェックをしましょう。

 

どんな老化症状が気になるか肌年齢にターゲットをおく

50代からは肌の老化症状が様々でてきますので、あれもこれも同時にお手入れをするとすべてが中途半端になってしまう可能性があります。スキンケアの基本はまず保湿ですが、そこに何をプラスするか参考すべき点が肌の老化症状です。

 

シワ、シミ、毛穴、たるみなどの年齢肌に起こるトラブルはどれも改善したいところですが、アンチエイジング化粧品はそれぞれに特化した役割がありますので、効果を引き出す為にも自分の肌の悩みをターゲットにすることが重要ですよ。

 

例えばシミが気になる場合は美白成分のアルブチンやプラセンタエキス、ビタミンC誘導体など。しわやたるみなど肌のハリ不足はレチノール、ナイアシン、コラーゲンなど。肌の老化は不足する成分を補えば効率的なスキンケアが出来ますので、年齢肌に見える一番の原因を判断して化粧品選びをするといいですよ。一気に10歳も若返るような素晴らしい化粧品が理想的ですが、少しでも満足するにはターゲットをゴールを定めておくといいですね。

 

刺激が強いスキンケアはもう終わり!無添加で始める安全なケア

アンチエイジング基礎化粧品選びは種類がたくさんありすぎて、どれもこれも使ってみたくなりますよね。一番気になるのがやっぱり化粧品の効果。早く効き目がでるもの、はっきりと違いがわかるものなど、化粧品に期待することが効果だけにこだわってしまうと肌に刺激が強くなってしまう可能性があります。

 

ヒリヒリするようなアルコール成分や刺激の強い美白成分を使うのは50代になったら避けましょう。香料や保存料などの添加物を使用せず肌に刺激が少ない無添加化粧品がオススメです。

 

肌タイプは年齢とともに敏感になりやすいため、敏感肌タイプを使うと負担が減らせますよ。化粧品は実際に試して購入するか、口コミを参考にする、または返金制度があるものを選ぶと安心ですね。

関連ページ

トライアル基礎化粧品を使うメリットとデメリット
50代で基礎化粧品を選ぶ時は肌に合うかどうか、成分の効果があるかなど色々とチェックしたい項目がありますよね。そんな時に便利なトライアルセットですが、50代だからこそ感じるメリットとデメリットがあります。