50代のスキンケアは基礎化粧品の使い方にも注意!

50代から注意したいスキンケアの習慣とは

50代の基礎化粧品は色々なブランドから販売されています。今お使いの化粧品には満足していますか?使い方をちょっと工夫するなど、スキンケアの習慣を見直すことでさらに基礎化粧品の効果が発揮されますよ。では早速そのポイントを見ていきましょう。

 

50代から注意したいスキンケアの習慣とは

50代のスキンケアで注意したい習慣とは

 

  • パッティングのやりすぎに注意
  • 刺激の強い化粧品は絶対に使わないこと
  • とにかく保湿をすること

 

以上3つの注意点について見ていきましょう。

 

肌に負担をかけパッティングのやり方を見直すこと

洗顔後に化粧水をつける時、パッティングをすると肌がしっとりしますよね。洗顔後は肌から水分が蒸発しやす為、パッティングをすると肌に化粧水が馴染みやすいメリットがあります。

 

しかしここで注意したいのが肌を叩きすると皮膚の毛細血管が傷ついてしまう点。すると肌のくすみ原因にもなりかねません。化粧水をつけるときは、手のひらにたっぷり化粧水をのせ、顔全体を包みこむように優しく全体的におさえましょう。

 

パッティングをするときは叩くよりも化粧水を肌に押さえつけるイメージでやってくださいね。パッティングをすると肌にハリがでるような印象がありますよね。それは表情筋もしっかりしている若い肌の時。50代はデリケートに扱うことが大切ですよ。

 

刺激の強い基礎化粧品は肌の老化原因なので注意

アンチエイジング化粧品には、シミやくすみケアに人気の美白化粧品があります。美白成分のハイドロキノンなどの有効成分は、肌に刺激があり乾燥する原因です。年齢肌ははっきりと目でわかるような効果をついつい期待してしまいますよね。

 

とくに美白ケアは刺激の強い成分でも、効果を優先してしまいリスクがあっても使ってしまう方がいます。一度肌が刺激を受けると、回復するまでに大変時間がかかります。

 

通常肌の新陳代謝は28日周期がサイクルになっていますが、年齢肌の場合は40日以上かかることもあるのです。そのため刺激の強い化粧品はなるべく控え、肌を守りながらケアしたいですね。

 

効果的な保湿をするための化粧水とクリームの併用をする

年齢肌はとにかく「保湿」。アンチエイジングの基礎化粧品には色々な効果があり、どれも保湿がメインとなっています。乾燥を防ぐことは老化を遅らせる為に欠かせないことのひとつ。そこで大切なのが化粧水の保湿です。

 

しかし肌環境によっては化粧水だけでは十分でありません。しっとりしない時は、化粧水を重ねつけするよりも、油成分の含まれたクリームや乳液がオススメ。効率的な保水をしてしっとり肌に改善しましょう。

関連ページ

基礎化粧品は寝る前のお手入れが勝負
50代の基礎化粧品は使い方によって、さらにアンチエイジングの効果が出やすくなります。女性のお肌のお手入れは長年続けていると、ついつい習慣的になり間違った方法で続けている場合もありますよね。50代の基礎化粧品は、寝る前が勝負。お手入れのポイントをご紹介したいと思います。
スキンケア効果に影響する注意したい生活習慣
若々しい肌をキープするには、肌に不足する美容成分を補うことは最も大切な点です。さらに衰える肌の働きをサポートするためには、いくつかの生活の注意点があります。ではどんな点に気を付けて50代の肌をケアすると良いのでしょうか。生活習慣の注意点を見ていきたいと思います。
基礎化粧品で絶対に使いたいアイテムとは
50代になると肌の働きはさらに衰えて、シミやシワなども40代よりも目立ってきます。なかなか効果的なスキンケアができず、年齢のためで仕方がない、と諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。そこで50代の毎日のスキンケア。基礎化粧品でぜひ使いたいアイテムとその理由を見ていきましょう。
知っておきたい基礎知識!50代の化粧品はまずトライアルから
50代の基礎化粧品はいきなり購入して使うよりも、トライアルから始めることがオススメです。自分の肌環境にあっているかどうか、期待する効果がありそうか。そこでなぜトライアルが必要なのか、化粧品選びの基礎知識を見ていきましょう。
高い化粧品じゃなきゃダメ?安い化粧品でシワ対策する方法を伝授!
高い化粧品のほうが安い化粧品よりも絶対に効果があると思う人が多いでしょう。とくに50代の基礎化粧品はアンチエイジング成分など製造コストがかかるものが多く、比較的値段が高い化粧品が多いですよね。でも自分のおこずかいのなかから毎月高い化粧品を買うのはきついという人も。安い化粧品を買って肌トラブルにもなることは一番避けたい点ですが、アンチエイジングのスキンケアはお金をかけなくてもできる素晴らしい方法があるのです。そこで早速ですが年齢肌でもとくに多い悩み「シワ」対策によい、家庭でできる安いスキンケア方法をご紹介しましょう。