50代の基礎化粧品を変えるタイミングは?

基礎化粧品を変えるタイミングについて

毎日使っている基礎化粧品も、ある時効果を感じなくなる時ってありませんか。朝しっとりしない、肌に吸い込まれない。こんな症状があると化粧品を変えたほうがいいのでは、と不安になりますよね。化粧品を変えるのはリスクになる場合もありますので、正しいタイミングを選びましょう。

 

基礎化粧品を変えるタイミングについて

基礎化粧品を変えるタイミングは

 

  • 肌が乾燥しやすくなる
  • 年齢が気になる
  • 肌の悩みが増える

 

このような場合は化粧品を見直すことが必要です。

 

いつもの基礎化粧品では肌がしっとりしないという場合

基礎化粧品は自分の肌にあうものは、なるべく長く愛用したいですね。別のブランドに変えると、肌に合わない可能性もありとても不安です。しかし肌環境は年齢とともに変化するため、20代の化粧品を50代になって使っていても効果が発揮できないのです。

 

そこで知っておきたい点が基礎化粧品を変えるタイミング。まずは肌の乾燥度合いです。朝起きた時に肌がピンと張らない。なんども化粧水を重ねつけするようになった。こんな場合は保湿成分が不足しているサインです。

 

年齢肌は角質層の奥から保湿が必要になりますので、浸透性の高い成分が配合された保湿化粧品に変えるとよいでしょう。

 

年齢がなんとなく気になりだしたら化粧品を変えるチャンス

年齢を感じやすい肌は、見た目だけでなく手触りでも衰えを感じることがありますよね。キメが粗くなる、弾力が少ない。こんな肌の変化を発見したら基礎化粧品を変えるタイミングです。

 

ずっと同じ化粧品を使い続けても、年齢ごとのケアは完璧にはできません。肌の老化が不安になってきたら自分の肌年齢に合わせた基礎化粧品を使いましょう。肌に不足する成分は20代と50代では異なりますよ。

 

老化スピードを遅らせる為にも必要な成分を補うことが大切です。肌の老化が始まるのはとても早く、20代後半からといわれています。シワやシミが目立ってからではすでに手遅れ。アンチエイジングを意識したスキンケアは早めに始めたいですね。

 

シミやシワなど肌の悩みが色々増えだした時

50代の肌の悩みはシワ・シミ・たるみ・くすみ・乾燥など人それぞれですが、確実に肌の衰えを感じる年齢です。人によってはシワはそれほど気にならないけどシミが多い、ハリがあるけどくすみが目立つなど、肌の悩みは違いますよね。

 

このような悩みがどんどん増えてきたときはポイントケアをプラスすることが大切。基礎化粧品を肌の悩みに合わせて変えながら、さらにアンチエイジングを意識した美容液やクリームなどを活用したいですね。

関連ページ

配合成分が肌の老化を進める理由
基礎化粧品は毎日のお肌のお手入れに欠かせません。だからこそ自分の肌にあったものを使う必要があるのです。しかし基礎化粧品の配合成分によっては、肌の老化をさらに進めるものがありますので、年齢肌の化粧品選びにぜひ知っておきたい点をご紹介しましょう。
50代から保湿ケアにプラスするとよいもの
保湿はスキンケアの基本中の基本。20代の頃はそれほど気にならない肌の乾燥ですが、加齢とともに健康な肌の人もかさつきが気になり始めます。では保湿さえしっかりしておけば大丈夫?ということではないのです。老化を予防するために必要な、保湿にプラスしたいものを早速ご紹介しましょう。
美白で使う基礎化粧品選びのポイントとは
失敗しやすい化粧品選びのひとつが美白化粧品。せっかく使っても効果がないということがよくあります。シミやくすみは年齢肌をさらに老けてみせる原因。50代は美白を上手にすることがスキンケアにも必要です。では美白化粧品選びではどんな点に注意したらよいでしょうか。
50代の肌の老化を進めるやってはいけない3つのこと
見た年齢は女性がとても気になることの一つです。年齢肌がコンプレックスに感じる方も多いですよね。私たちの普段の生活の中では、美容に悪いこともたくさん。そこで肌の老化が気になる50代以降、注意したいいくつかのポイントについてご紹介したいと思います。