50代からやるべきオススメスキンケア習慣ってありますか。

50代からやるべきオススメスキンケア習慣ってありますか。

50代からやるべきおすすめのスキンケア習慣とは

50歳になったばかりです。40代とはもう肌が違うのだと実感しているこの頃、スキンケアで気を付ける点や毎日続けるとよい習慣みたいなことってありますか。

50代に入るとアンチエイジングにも力が入りますよね。とにかく老化症状を悪化させてはいけないという点が最大のポイントです。肌のターンオーバーがさらに低下する年齢なので、即効性を期待せずに毎日のお手入れを続けることが大切です。

 

また刺激を与えないようにスキンケアをするために、アンチエイジングに良い基礎化粧品を使うことが大切。色々なブランドがありますので、肌に合うタイプを選んでください。肌に良い生活や食生活、睡眠なども大切ですよ。

皮膚科医オススメの50代にベストなスキンケア習慣とは?

50代という年齢は自分が思っている以上に老いやすい時期。しかし見た目年齢は毎日のケア次第でいくらでも若く見せることができます。顔だけでなく体型も同様に年齢が出やすいので、若い印象を作るには体全体のアンチエイジングが欠かせませんね。

 

そんな50代、やはり女性が気になるのがお肌のお手入れ。肌の働きや作りを最も理解している皮膚科医がオススメする、50代のスキンケア習慣についてご説明したいと思います。

 

50代のスキンケアは

  • バリア機能
  • 善玉菌をプラス
  • オイル系をプラス
  • 角質ケア
  • コラーゲン補給
  • しみとクマの除去
  • リップケア
  • 首のお手入れ

以上8つのポイントを見ていきましょう。

 

バリア機能に働く基礎化粧品を使うこと

50代になると肌のバリア機能が低下するので、肌の内側から水分が逃げてしまうだけでなく、外部の刺激も受けやすくなっています。バリア機能を高めるには減少する女性ホルモンを活発にすることがなによりも大切。

 

皮膚はそれだけでは保護の役割を果たさないため、水分や美容成分を補わないといけないと、ニューヨークの皮膚科医、ドクタージョシュアが言っています。

 

皮膚は年齢とともに古い角質や皮脂、乾燥などの刺激により気が付かない間に炎症を起こすことも。これを防ぐためにはバリア機能を強化する基礎化粧品を使うことがポイントです。

 

50歳になったとたん、たった一晩で肌が驚くほど老いてしまったという女性が大変多いですよね。バリア機能は肌のダメージを修復するためにも大切なので、50代になったらクリーム系の基礎化粧品をプラスしてバリア機能を維持しましょう。

 

善玉菌を食生活にプラスして肌力を強化する

60代になると50代よりもさらにバリア機能が低下して老化がはっきりしてきます。これは自然なことなのですが、50代でアンチエイジングを意識しておけば肌の若さを維持することが可能です。

 

アンチエイジングのために食生活にプラスしたいのが「善玉菌」。善玉菌は研究の結果、加齢による皮脂分泌の低下を抑制する働きがあることがわかっています。

 

皮脂は肌のPHバランスを保つために大切な役割を持っていますが、50代になると皮脂不足で乾燥しやすくなりますよね。善玉菌は肌の輝きをアップし免疫力をつけるため、皮膚の炎症や抗菌力も強くなります。

 

紫外線の刺激や薬品による刺激は肌のコラーゲンとエラスチンを破壊する原因。加齢だけでなくこのような外的な原因は体の内側からもサポートするとよいでしょう。善玉菌が多い食べ物としてヨーグルトがありますので、ダイエットと美容のためにぜひプラスしてください。50代にとってヨーグルトのメリットは以下の通り。

 

  • 肌のバリア機能強化
  • 便秘解消
  • 女性ホルモンの活性化
  • コラーゲンのサポート

 

基礎化粧品にオイルベースをプラスしよう

クレンジングから美容液までオイル成分は50代の肌に大変メリット。とくにクレンジングはメイクと肌の汚れ以外はなにも落としたくありませんので、オイルベースのほうが安心です。

 

大切な皮脂は肌の乾燥を防ぐためにできるだけ残したいので、オイル成分が配合された基礎化粧品はアンチエイジングにオススメです。乾燥しやすい時期は朝と夜、クリーム系の基礎化粧品を使って肌を整えましょう。

 

ターンオーバーが低下する50代は角質ケアがポイント

50代の肌は若い時のように新陳代謝が活発ではありません。肌は古い角質から新しいものへ生まれ変わりを繰り返していますが、50代になると古い角質が綺麗にはがれず皮膚上に蓄積されてしまいます。

 

これがなぜいけないのかというと、古い角質は肌のくすみ原因になるためさらに老けて見えてしまうのです。角質ケアに良い基礎化粧品は色々ありますが、酵素を使ったフェイスパックを定期的にするとよいでしょう。
またマッサージで肌の血行を整えたり古い角質除去をすることもスキンケア習慣にプラスしてくださいね。

 

フェイスラインを引き締めてシワ予防をしよう

50代になると顔の下半分のたるみがとても気になりますよね。手で顔を引っ張り上げても簡単には戻りません。外側から無理に力を加えるよりも効果的なのがリフトアップ成分を肌に与えるスキンケア。コラーゲンを助けるレチノール、ペプチドなどが配合された基礎化粧品はとてもメリットがあるといわれています。

 

特に注目したいのがレチノール。この成分は20代に大人ニキビケアとして使用した方もいると思いますが、レチノールは各年代にもたらすメリットがあり30代では色素沈着を防ぐ働き、40代ではコラーゲンをアップする意味がありますよ。

 

50代に突入してからもフェイスラインを引き締めるハリ成分は基礎化粧品で毎日肌に補いましょう。

 

50代にオススメのシミケアのコツ

シミは肌年齢を感じさせる症状のひとつで、ほとんどの50代女性に共通する悩みともいえるでしょう。髪の生え際など普段は隠れて見えないところにあるシミは、髪型を変えた時にいきなりショックを受ける瞬間ですよね。

 

シミを消すには古い角質をまずは綺麗に取り除くこと。フルーツ酸を使ったピーリングはシミを目立たなくする方法として大変効果があります。濃いシミを自分でケアするのは大変なので、どうしても気になる人は美容クリニックで相談するとよいでしょう。

 

また普段の紫外線対策も新しいシミを作らないための予防策として忘れてはいけません。紫外線量を同じだけ浴びても50代は20代よりも刺激を受けやすいので、しっかりブロックしないとシミ予備軍がどんどん増えてしまいます。

 

年齢がでやすいリップもアンチエイジングをしよう

お肌のお手入れは欠かさずやるけれど、リップケアはつい忘れがちになりますよね。口紅を落としてクレンジングしたらそれで終わり。そんな簡単なお手入れだけを続ける方はいませんか。

 

唇は保水力が弱く紫外線のダメージを最も受けやすいところ。日焼け止めを塗っても唇は成分が流れやすく効果が期待したように出ません。また唇はコラーゲンも少なく50代を過ぎると弾力不足に。唇にバーコードのような縦ジワが入っている人がとても増える年代なので、スキンケアでも忘れずにリップケアをプラスしてください。

 

唇は年齢とともに形が崩れ口元が増えて見える原因。これを改善するためにはコラーゲン入りの美容液を唇にもつけましょう。ハリを回復させた後は毎日の保湿ケア。定期的にオリーブオイルなどを使ったリップのオイルパックも大変効果がありますよ。

 

首にでやすい年齢を隠すためのデイリーケア

50代以降のアンチエイジングは目尻のシワ、たるみなど気になるところがたくさんあってお手入れが大変です。しかしチェックするのは顔だけではありませんよ。つい見逃してしまうのが首に現れる年齢。50代からの首のお手入れは、わざわざ首専用のクリームなどを使う必要はありません。

 

しかしなにもせずに放置してしまうと、どんどん首の皮膚が乾燥して年齢がバレてしまいます。最初にやるべきことはペプチド入りのクリームでマッサージすること。首はあごから胸に向かって下に引っ張るようにマッサージしてくださいね。

 

首にはリンパ線があり、下に向かって流れていますので老廃物がでやすいようにリンパの流れを刺激するようにマッサージしましょう。首のシワやたるみが気になる時は1日2回のマッサージ。

 

そして週に2回ほどレチノール入りの美容液で皮膚を強化しましょう。使う化粧品は顔用でOK。アンチエイジングケアの時に首のお手入れも一緒にやってくださいね。

関連ページ

50代の肌のたるみは基礎化粧品で治せるのですか?
50代を過ぎると若い肌のようにすぐに成分を吸収できないため、化粧品の効果を実感するにも時間がかかります。加齢による肌のたるみは保湿がポイントです。アンチエイジング化粧品で、浸透性の高い成分が配合されたタイプを選ぶと良いでしょう。
更年期で肌荒れに悩んでいます。更年期を過ぎてからのスキンケアのポイントは?
急にシミが増えたり、ハリがなくなる、乾燥しやすくなるなど、更年期の時期はスキンケアも十分に意識して行いたいですね。特に毎日使う基礎化粧品は、肌にあうものを選ぶこと。そして睡眠や生活習慣にも注意しながら、更年期を快適に過ごすことが必要ですね。肌環境を整える為には更年期がはじまる前から、コツコツとスキンケアを続けることも効果的ですよ。
安くて良いアンチエイジング化粧品を探している50代です。安い基礎化粧品だと年齢肌には効果がありませんか?
アンチエイジングのコスメって全体的に値段が高いアイテムが多いですよね。それは配合成分や製造コストがかかる為。でも女性にとっては毎日使う化粧品なのでできればコストを抑えたものがいいですよね。アンチエイジングの基礎化粧品は効果や目的によって値段も様々です。年齢が気になる50代以降になると、どうしても値段が高い化粧品のほうが効果があると思いますよね。
50代です。ハリウッドセレブのアンチエイジングスキンケアの秘密
50代の基礎化粧品はランキングを参考にしてアンチエイジング効果の高い人気化粧品を使いましょう。 50代の基礎化粧品のランキングを見てもどれにしたらいいかわからない方。このサイトでそれぞれの特徴を比較してくださいね。
50代になっても日焼け止めを使ったほうがいいですか?
50代になると体内で活性酸素を発生しやすくなり、紫外線のダメージは肌も体も受けやすい状態。シミは皮膚の表面だけでなく下にも隠れているものがたくさんありますので、50代過ぎてもシミがさらに増える可能性があります。美白化粧品を使ったり、日頃から日焼け止めを使う習慣は今後もぜひ続けたいですね。
老化対策に効果がある化粧品の成分ってなんですか?
必要な成分としては肌の細胞の新陳代謝を活発にする保湿成分や弾力をアップするコラーゲンなどがオススメです。また人気の基礎化粧品にはメーカー独自開発の成分を配合したタイプもありますので、人気ランキングを参考にして比較すると便利ですよ。年齢肌にはまず保湿成分が忘れてはいけないものの一つ。化粧水や乳液など上手に合わせて保湿ケアをしましょう。
アイクリームは目の下のクマに効果がある?
目の周辺は顔のなかでも皮膚がとても薄い部分なので、化粧水だけではしっかり保湿されない場合があります。アイクリームはこのような目の周辺の皮膚細胞に合わせた成分配合をしているため、クマやたるみ、シワに特化した基礎化粧品といえるでしょう。50代以降のアンチエイジングにはポイントケアとしてオススメです。
50代になったら基礎化粧品は変えるべき?
50代からのアンチエイジングは40代とは違うアプローチをしないといけません。基礎化粧品は肌との相性が何よりも大切ですが、それだけでなく老化予防に効果があるお手入れをプラスすることが50代以降には必要です。そんな点を踏まえて50代からは基礎化粧品の見直しをすると安心ですね。
サプリでシミが薄くなることはある?
現在50代です。昔かなり日焼けしていたので最近になってからシミがかなり気になっています。化粧品はあまり効果がないのでサプリを飲みたいのですが、シミが消えたという方いますか?
ダイエットして肌がカサカサになりました。乾燥肌によい食べ物ってありますか。
中年太りでやばいと思いちょっと無理して食事制限しました。そうしたら肌ががさがさになり化粧品もしみるほどです。乾燥肌にオススメの食べ物教えてください。
肌のハリがなく困っています!フェイスラインを引き締めるマッサージ方法は?
50代で肌のハリがなく困っています。同じ年齢の友達のほうが見た目が若くて肌もピンとしています。マッサージで効果が出る方法あったら知りたいです!
美容クリニックでシワ治療をしようか迷っています。体験者の方効果を教えてください。
40代後半ですが必ず50代と間違えられます。美容整形でシワ治療を真剣に考えていますが実際にやった方、効果があったかどうか教えてください。