50代の基礎化粧品は乾燥肌対策ができるものを!

50代過ぎの乾燥肌対策に効果がある基礎化粧品

年齢とともに肌の老化が進み、50代になるとさらに目立つ症状が出てきますよね。50代の基礎化粧品選びは慎重にならないと効果がないだけでなく、肌に負担になる可能性もあります。カサカサする乾燥肌にはどんなタイプを選ぶとよいでしょうか。

 

50代過ぎの乾燥肌対策に効果がある基礎化粧品

50代の乾燥肌の基礎化粧品はここをチェック

  • 保湿成分
  • 刺激が少ないこと
  • 浸透性が良いこと

 

乾燥対策には保湿成分をチェックすること

50代になるとさらに肌が乾燥しやすくなります。角質層が乱れやすく保水力も衰えているため、化粧水をつけただけでは肌しっとりしないなんてこともよくありますよね。

 

乾燥肌は老化を進めるだけでなくターンオーバーが乱れる原因。50代のスキンケアではまず保湿を意識することが大切です。そこでチェックしたいのが保湿成分。

 

30代や40代ではコラーゲンやヒアルロン酸が大変効果がありますが、50代になると肌のキメがさらに粗くなり、角質層に成分が長くとどまらないことが特徴。さらに水分量が多く必要になりますので、50代の乾燥肌にはセラミドがオススメです。

 

低刺激で安心して使えるもの

保湿ケアは保湿有効成分を肌に補うだけでなく、優しくケアすることが大切。50代の基礎化粧品には添加物が配合されたものも多く、人口香料や保存料は肌に刺激となります。このような刺激物を長く使続けると徐々に肌の働きが衰え、老化のスピードも早くなってしまいますよ。

 

基礎化粧品は毎日使うものですから、乾燥肌の方は特に低刺激の化粧品を選びましょう。肌に負担を与えてしまうと肌環境が不安定になりバリア機能も低下してしまいます。

 

健康な肌を維持するためにも、添加物配合の化粧品には十分注意しましょう。不安な場合はまずお試しセットで肌にあうかどうかチェックしてくださいね。

 

浸透性の高い保湿ケアが大切

50代の肌は40代と比較するとはっきりと老化していくことを実感しますよね。体が衰えるのと同様に、肌の働きも加齢により徐々に色々なトラブルを感じるのです。

 

50代の肌は回復力が遅いことが特徴。それは表皮基底層の働きが衰えることが原因で、毎日のケアでは角質層の奥に有効成分を送り届けることが大切なポイントになります。浸透性が悪い化粧水を使うと、肌の表面だけが潤っている状態。すぐに水分は蒸発してしまうので、できるだけ浸透性の高い保湿成分を選びましょう。

 

50代の基礎化粧品にオススメはビタミンC誘導体。通常のビタミンCよりも何百倍も浸透性が高いといわれているほど。手で肌を触った時にしっとり感が残るような保湿ケアが理想ですね。

関連ページ

深く刻まれたシワの改善と予防に効果があるものを!
年代別の基礎化粧品は実際には20代も50代も配合成分がそれほど変わらない場合があります。失敗しない為にも50代で基礎化粧品を選ぶ際には自分の肌の悩みに適したタイプを選ぶことが必要です。シワが目立つ肌には次の3つを意識してみましょう。
なかなか消えないシミ対策に使うと良いコスメ
シミが増える50代。基礎化粧品ではもう無理では?と諦める前に毎日のスキンケアを見直してみませんか。なかなか消えないシミは種類を理解して適切なケアをすることが大切。50代の基礎化粧品では次の3つに注意してみましょう。
50代の基礎化粧品選びの前に肌の特徴を理解しよう
50代の基礎化粧品選びで失敗しない為には、まず肌の特徴を理解しておきましょう。しわやシミ、たるみなどの症状が気になる年代。老化する肌に必要なものは何か、肌の仕組みを知ると基礎化粧品も選びやすくなりますよ。
敏感肌の化粧品選び!失敗しないための8つのチェックポイント
年齢が気になるだけでなく、敏感肌もプラスされていると化粧品選びは失敗しないように慎重になりますよね。アンチエイジングの化粧品を使うなら人気で最新のものがいいという人が多いと思います。しかし選ぶものによって肌質が変わってしまう場合や、老化スピードがアップしてしまうことも。そんなリスクを抱えているアンチエイジングの化粧品選びは、敏感肌の場合心配しない為にどんな点をチェックするべきか、詳しくお伝えしたいと思います。