50代の基礎化粧品選びの前に重要なことは?

50代の基礎化粧品選びの前に肌の特徴を理解しよう

50代の基礎化粧品選びで失敗しない為には、まず肌の特徴を理解しておきましょう。しわやシミ、たるみなどの症状が気になる年代。老化する肌に必要なものは何か、肌の仕組みを知ると基礎化粧品も選びやすくなりますよ。

 

50代の基礎化粧品選びの前に肌の特徴を理解しよう

角質層の老化

体の老化のように50代になると肌の衰えがさらに気になります。私達の肌は角質層と呼ばれる層があり、紫外線や雑菌など刺激から肌を守る働きがあります。

 

50代になるとバリア機能が衰える為角質層も緩んでしまいます。すると化粧品の成分もしっかり角質層内で閉じ込めることができない為、肌が乾燥しやりハリを失う症状が始まってしまうのです。

 

50代は肌の表面のケアでは効果がありません。基礎化粧品は浸透性が高いほうがさらに効果があり、肌の細胞レベルからのアンチエイジングが可能になります。基礎化粧品も使い心地が良いだけではNG。すっと馴染むような浸透性があっても角質層の中でしっかり閉じ込めないと水分はすぐに蒸発しています。

 

活性酸素によるダメージ

年齢とともに増える活性酸素。細胞の劣化が進むと肌にも影響があります。50代の肌は活性酸素によるダメージが多く、一番注意したいのがターンオーバーの乱れ。通常は28日周期で生まれ変わる角質層も50代になると40日以上かかってしまう場合があります。

 

また活性酸素は皮脂のバランスを崩す原因にもなりますので、50代になると肌がさらにカサカサになる症状も多くみられますよね。

 

このような老化は活性酸素を除去することが大切。基礎化粧品を選ぶ時はアンチエイジング成分が配合されたもので、肌細胞を活性化しましょう。またホルモンのバランスを整えるたんぱく質、そして肌を構成するアミノ酸なども年齢肌に必要ですね。

 

美肌成分の減少

肌の老化は20代後半からすでに始まっています。美肌成分のコラーゲンやヒアルロン酸は50代になるとほとんど作り出すことができないとも言われています。これらの美肌成分が減少すると、肌が乾燥しバリア機能が衰え紫外線のダメージも受けやすく肌の老化が進みやすくなってしまうのです。

 

そのため50代からの基礎化粧品には肌に不足する成分を補うことが大切。特に保湿成分はスキンケアの基本でもありますので、毎日基礎化粧品でしっかり補いましょう。基礎化粧品は各メーカーとも独特な成分を使用し、異なる効果があります。50代の肌に必要な成分を見極めて早速アンチエイジングをはじめましょう。

関連ページ

50代過ぎの乾燥肌対策に効果がある基礎化粧品
年齢とともに肌の老化が進み、50代になるとさらに目立つ症状が出てきますよね。50代の基礎化粧品選びは慎重にならないと効果がないだけでなく、肌に負担になる可能性もあります。カサカサする乾燥肌にはどんなタイプを選ぶとよいでしょうか。
深く刻まれたシワの改善と予防に効果があるものを!
年代別の基礎化粧品は実際には20代も50代も配合成分がそれほど変わらない場合があります。失敗しない為にも50代で基礎化粧品を選ぶ際には自分の肌の悩みに適したタイプを選ぶことが必要です。シワが目立つ肌には次の3つを意識してみましょう。
なかなか消えないシミ対策に使うと良いコスメ
シミが増える50代。基礎化粧品ではもう無理では?と諦める前に毎日のスキンケアを見直してみませんか。なかなか消えないシミは種類を理解して適切なケアをすることが大切。50代の基礎化粧品では次の3つに注意してみましょう。
敏感肌の化粧品選び!失敗しないための8つのチェックポイント
年齢が気になるだけでなく、敏感肌もプラスされていると化粧品選びは失敗しないように慎重になりますよね。アンチエイジングの化粧品を使うなら人気で最新のものがいいという人が多いと思います。しかし選ぶものによって肌質が変わってしまう場合や、老化スピードがアップしてしまうことも。そんなリスクを抱えているアンチエイジングの化粧品選びは、敏感肌の場合心配しない為にどんな点をチェックするべきか、詳しくお伝えしたいと思います。