美肌になるためにやってはいけないこと!こんな食べ物がダメ!

美肌になるためにやってはいけないこと![食べ物編]

美肌になるためにやってはいけないことは生活のなかであちこちにあります。肌によいことばかりを意識しても、逆に悪いことを続けていたらせっかくの美肌ケアも効果がしっかり実感できないですよね。

 

年齢肌が気になる50代は基礎化粧品によるアンチエイジング効果が重要ですが、配合成分の効き目をもっと生かすためには、肌の老化を進める要因を排除しないといけません。

 

美肌になるためにやってはいけないこと![食べ物編]

 

食べ物は注意すべきもののひとつ。毎日無意識に食べるものは、鏡に映る自分の姿に反映されていますよ。いつまでも若さを保つためには栄養価の悪い食べ物を避けることが大切です。そこで早速ですが、肌の老化をスピードアップする、避けるべき食べ物をお伝えしましょう。

 

老化を進める食べ物は

  • 食べ物が与えるダメージ
  • ポテトチップスとフライドポテト
  • ドーナッツ
  • ベーコン
  • 肉の脂身
  • お酒

 

食べ物が肌の老化を進めるワケとは?

肌細胞は体の他の器官と同様に食べ物から大切な栄養補給をしています。栄養バランスが崩れてしまうとアンチエイジングの効果も薄れてしまうため、年齢肌が気になる時は健康を重視した食生活が大切ですよ。

 

たとえば肥満原因になる脂質や糖質などは体重が増えるだけでなくコラーゲンにもダメージを与えています。コラーゲンは肌のハリや弾力を維持するための大切な成分で、加齢により減少していきます。

 

40代は赤ちゃんと比較すると半分程度までコラーゲンが減るともいわれていますので、美肌になるためにやってはいけないことは食生活にも隠されていますよ。

 

ポテトチップスとフライドポテトの食べ過ぎに注意!

美肌になるためにやってはいけないことは、無意識に食べてしまうスナック菓子に色々な危険が潜んでいます。ポテトチップスは気がついたら1袋ぺろりと食べてしまったなんて経験は皆さんあるでしょう。揚げ菓子やフライドポテトの脂質は体内の炎症を悪化させる原因です。

 

とくにトランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らしてしまう悪いもの。すると心臓にも負担がかかりますので血液の流れが悪くなり肌細胞の栄養が十分に届かない結果へつながります。

 

揚げ菓子はなるべく食べないこと、もしくは購入する際は必ず裏面のラベルをチェックしてトランス脂肪酸が含まれていないかなど確認しておきましょう。

 

ドーナッツなどのスイーツ系は肌の糖化を進める!

ドーナッツやケーキ、菓子パンなどの糖質が多い食べ物は、肌の老化を進める「糖化」の要因になります。肌のくすみが目立つ、シワやシミが増えるなどの老化現象は糖化が影響している場合が多いのです。

 

そもそも美肌成分のコラーゲンや角質のケラチンなどは透明で、糖化が進むと茶褐色に変色します。肌の内部でこのような色の変化が起こると、自然と表面では肌のくすみやシミとなって表れてきますよ。

 

パンやドーナッツなどの揚げ菓子を想像してください。加熱して調理すると元は白い生地が茶色くこんがり焼けますよね。これは糖質とタンパク質が熱で変化して色が変わるため。これと同じことが肌でも起こるので、スイーツ系は十分に注意してできるだけ食べる量を減らしてくださいね。

 

ベーコンやソーセージなどの加工食品に注意

加工食品は毎日気が付かない間に口にしています。ベーコンやソーセージのようにさほど量を食べなくても、これらの加工食品は脂肪や塩分が大変多く、体内の細胞が炎症を起こしやすくなっています。

 

すると肌のバリア機能も低下するため紫外線のダメージを受けやすく、せっかくのアンチエイジング基礎化粧品も効果が十分に発揮できない状態なのです。

 

すぐに食べられる加工食品や総菜などは、どんな調理方法や調味料が使われているかわかりませんよね。美肌になるためにやってはいけないことはわらからないものを口にすることで、できるだけ手作り料理にこだわりましょう。

 

肉の脂身は皮脂量が不安定になる原因

ステーキや焼肉などスタミナをつけるときはどうしても肉料理が欲しくなりますよね。美肌になるためにやってはいけないことは脂身が多い肉ばかりを食べることです。

 

肉の脂身は動物性脂質で悪玉コレステロールが増加する原因。肉はできるだけ赤身部分、鶏肉のささみなど脂質が少ない部分を選びダイエットも意識してくださいね。動物性脂質を大量に摂取すると皮脂線の働きが不安定になりふきでものができやすくなります。

 

年齢とともに肌の水分量が減り乾燥しやすくなりますので、多少の皮脂はあったほうが安心。でも過剰になるとフェイスラインやアゴなどのニキビができやすくなる場合もありますので、十分に注意してくださいね。

 

お酒を飲む頻度と量に注意しよう

疲れた時はお酒を飲んでストレス発散。そんな日もたまには欲しくなると思いますが、お酒は美肌になるためにやってはいけないことのひとつです。お酒自体が悪いのではなく、飲む量が問題

 

習慣になっていると肝臓の働きに負担がかかりアルコール成分を分解する際に活性酸素が大量に発生してしまうのです。

 

細胞が活性酸素に触れると酸化してしまい、その細胞は栄養吸収が鈍くなり老化が早まります。活性酸素は普段呼吸をするだけでも発生していますので、飲酒によりさらに量を増やしていることになりますよね。

 

お酒は体のデトックス効果を低下させ老廃物や有害物質が体内に蓄積される原因。これらの物質はアンチエイジングに悪影響を与え、肌の老化はどんどん進行してしまいます。お酒による肌のダメージは以下のようなことがあります。

 

  • 肌に炎症が起こりやすくなる
  • 血液の循環が悪くなりシミやシワなどができやすくなる
  • 顔の血色が悪くなりくすみが目立つ

関連ページ

50代で基礎化粧品を変える際に注意したいポイント
50代は肌の老化にもはっきりと差がつく年代。毎日のお手入れが見た目にすぐに反映されてしまいますよね。なんとなく満足できないスキンケア。50代で基礎化粧品を変える際の注意ポイントについて見ていきましょう。
美肌を目指すなら使い方を変えよう
毎日のスキンケアは皆さんなんとなく習慣的に同じことを繰り返していませんか。基礎化粧品の使い方は年齢ごとに見直すことが大切。シミやシワが増えてしまうのは、化粧品の効果を最大限発揮していない為かもしれませんよ。
保湿効果が高いほど美肌効果あり!
保湿はスキンケアの基本。年齢肌は保水力や保湿力が低下していくため、しっかり水分を肌に与えることが大切です。乾燥するとシワやシミもできやすくさらに年齢肌にみえる原因。50代の基礎化粧品で必要な保湿成分を見ていきましょう。
肌の悩みに合わせた基礎化粧品選びのコツ
基礎化粧品の選び方がわからない時は、今気になる悩みをターゲットにすることも方法の一つ。年齢が気になる50代の基礎化粧品を選ぶコツを見ていきましょう。
プラスしたい美肌ケアの習慣
基礎化粧品を効果を最大限に引き出す為には、日頃から気にしておきたいことが色々あります。年齢に負けない美しい肌を作るためのコツをご紹介したいと思います。毎日の努力がアンチエイジングには欠かせませんね。
50代の肌の乾燥にいい化粧品!特にオススメなのは?
50代の肌の乾燥にいい化粧品をお探しの人にオススメは浸透性が高いビーグレンがオススメ。シミが目立つ肌ならホワイトケアでついでにシミ対策もしてみましょう。