50代の肌悩みは基礎化粧品で解消しよう!

肌の悩みに合わせた基礎化粧品選びのコツ

基礎化粧品の選び方がわからない時は、今気になる悩みをターゲットにすることも方法の一つ。年齢が気になる50代の基礎化粧品を選ぶコツを見ていきましょう。 

 

肌の悩みに合わせた基礎化粧品選びのコツ

 

50代がもっとも気になる3つの肌の悩み

  • シワ
  • シミ
  • たるみ

 

この悩みを改善するための基礎化粧品はこの点をチェック!

 

シミ対策に効果がある基礎化粧品の特徴について

シミ対策は早い人では20代後半からはじめています。肌の老化は症状が目立つ前からすでに始まっているので、濃いシミができた時にはもう手遅れのようにも思います。

 

しかし50代こそがシミ対策の大切な時期。濃いシミをさらに悪化させないこと、そして新しいシミを作らない予防が必要です。そこで必要なのが美白成分。ハイドロキノンはすでにあるシミを薄くする働きがあり、ビタミンC誘導体やアルブチンなどはメラニン色素の働きを抑制する効果があります。

 

このように改善と予防を同時行うことが50代のシミ対策に必要なので、基礎化粧品を選ぶ時は美白成分もチェックしてくださいね。

 

シワ対策によい50代の基礎化粧品の特徴

50代になると目尻のこまかいシワや口の周りなど、徐々に深く刻みこまれていきます。これを防ぐためには肌の内側から押し上げることが大切。シワがあるかないかだけで、見た目年齢も全く印象が変わりますよね。

 

シワ対策はクリニックでレーザー治療やケミカルピーリングをする本格的な方法もありますが、そこまでやりたくないという人にはスキンケアでの方法がオススメです。

 

シワを改善するには保湿が重要ポイント。ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの美肌成分をたっぷり補い、肌全体の弾力を回復しましょう。シワは乾燥肌が原因の一つ。特に空気が乾燥する季節はシワも増えやすいのでご注意くださいね。

 

ほうれい線を改善するたるみ対策によい基礎化粧品

ほうれい線は老け顔に見える原因の一つ。改善するためにはリフト効果のある基礎化粧品がオススメです。そもそもたるみがおこる原因は真皮層のエラスチンやコラーゲンが減少するため。

 

これは女性が年齢とともにホルモンの分泌が減少することと関係しています。40代を過ぎるとそのスピードが加速されるため、50代はほとんどの方がほうれい線で悩んでいるのではないでしょうか。

 

改善するためにはホルモンを活発にするイソフラボンなどの成分がオススメ。またハリを回復するコラーゲン生成を促す為に、美肌成分をバランスよく肌に補うことも重要ですよ。

関連ページ

50代で基礎化粧品を変える際に注意したいポイント
50代は肌の老化にもはっきりと差がつく年代。毎日のお手入れが見た目にすぐに反映されてしまいますよね。なんとなく満足できないスキンケア。50代で基礎化粧品を変える際の注意ポイントについて見ていきましょう。
美肌を目指すなら使い方を変えよう
毎日のスキンケアは皆さんなんとなく習慣的に同じことを繰り返していませんか。基礎化粧品の使い方は年齢ごとに見直すことが大切。シミやシワが増えてしまうのは、化粧品の効果を最大限発揮していない為かもしれませんよ。
保湿効果が高いほど美肌効果あり!
保湿はスキンケアの基本。年齢肌は保水力や保湿力が低下していくため、しっかり水分を肌に与えることが大切です。乾燥するとシワやシミもできやすくさらに年齢肌にみえる原因。50代の基礎化粧品で必要な保湿成分を見ていきましょう。
プラスしたい美肌ケアの習慣
基礎化粧品を効果を最大限に引き出す為には、日頃から気にしておきたいことが色々あります。年齢に負けない美しい肌を作るためのコツをご紹介したいと思います。毎日の努力がアンチエイジングには欠かせませんね。
50代の肌の乾燥にいい化粧品!特にオススメなのは?
50代の肌の乾燥にいい化粧品をお探しの人にオススメは浸透性が高いビーグレンがオススメ。シミが目立つ肌ならホワイトケアでついでにシミ対策もしてみましょう。
美肌になるためにやってはいけないこと![食べ物編]
肌によいことばかりを意識しても、逆に悪いことを続けていたらせっかくの美肌ケアも効果がしっかり実感できないですよね。年齢肌が気になる50代は基礎化粧品によるアンチエイジング効果が重要ですが、配合成分の効き目をもっと生かすためには、肌の老化を進める要因を排除しないといけません。食べ物は注意すべきもののひとつ。毎日無意識に食べるものは、鏡に映る自分の姿に反映されていますよ。